• 8:30~ランキングより銘柄物色  9:00~30分以内に200円程度の±で絶対利確 1日1回現物のみ  

ちゃんと出来てる? 初心者の銘柄選び

株式投資初心者を脱出するポイントの2つ目は、
銘柄の選び方にあります。

 

これから騰がる銘柄を探すなんて無理(´;д;`)ブワッ

そう思っている方のために、
ここでは一番簡単で、リスクの少ない銘柄選びの方法をご紹介します。

 

さて、最も簡単なのが、その日まさに大暴落している銘柄を
値下がりランキングから探すこと、です。

 

ランキングと言えば値上がりしている銘柄や、より多くの「買い意見」が並んでいる銘柄に目が行きやすいと思いますが、すでに急騰した株に飛びつくのは非常に危険ですよね。どこでナイアガラ(急落)が発生するのか、全く読めないわけですから。

急に値を上げ始めた銘柄に飛びつく場合、「 株式投資はタイミングが全て! 」でご紹介した通り、高値で買い、さらなる高値になることをハラハラしながら待つしかありません。

 

しかし、意を決して買いで飛び込んだら、その日の最高値でした……なんてことにならないよう、あくまでも売買のタイミングは、買う前にはかることが基本。

つまり、年安値を更新しているような、あるいは直近の安値に近くなっているような、急落・暴落している銘柄を安いうちに買い、通常運転になったところで売ることを狙った方が、大きな損をせずにすむわけです。

 

勿論、株価が急落することには理由があります。

 

多くの場合、決算や新商品などへの期待が高まって急騰していたが、発表当日から利確ラッシュにより暴落するパターンが多いですが、不正や漏えい問題等の発覚、増資や新株の発行などでも急激に値を下げます。

しかし、上記した理由によって、企業側がその後、倒産を余儀なくされたり、上場廃止に追い込まれるケースはほとんどありません。

 

そう。この時こそがまさに【買い場】。

どこまで下がるか分からないため、次々と投げ売って大きなリスクを回避しようとする動きが強い時こそ、安値で拾う大きなチャンスになるのです。

 

さて、今日の値下がりランキングはもうご覧になりましたか? ( *´艸`)クスッ♪

 

次の記事は、投資期間の考え方についてです。これもまた、微益大損の初心者さんと、確実に利益を積み上げられるベテランさんとでは、大きく異なる点の一つ。さぁ、初心者脱却はもうすぐですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。