• 8:30~ランキングより銘柄物色  9:00~30分以内に200円程度の±で絶対利確 1日1回現物のみ  

売買に迷ったら手仕舞いすること!

株取引をする上で、個人的に「怖い」と思う状況があります。

 

突然のネガティブIRや、世界経済に影響を受けた予期せぬ暴落
……と言いたいところですが、そうではなく。

 

私は、自分の感情を抑えきれない時が一番怖いと感じているのです。

 

例えば午前中に行った売買がうまくいかず、損失を出してしまったとき、
午後の取引でその穴埋めをしようと躍起になってしまったり。

 

当日爆上げした銘柄に目移りしてしまい、
せっかく良いポジションで握っていた銘柄を手仕舞いして、乗り換えてしまったり。

 

大きな不安や、持て余すほどの期待により、
値動きが気になって板から目が離せなせなくなったり。

 

チャートを見て、ここで売った方がいい、
ここで買った方がいいと分かっていても、
つい欲が出てしまい、売買のタイミングを意図的に変更してしまったり。

 

経験上、そういうときは、大抵うまくいきません。
「微益大損」……といったところでしょうか……。

 

「〇円になったら買い、〇円になったら売る」と決めて、あらかじめ設定しておいた方がよい。機械的な取引ができないうちは大きく伸びない……という理屈は、頭では理解していても、なかなか実行できないものです。

 

だって、板にかじりついて値動きを見ながらタイミングを図って売買するのって、
すごく楽しいですものね( *´艸`)クスッ♪

 

騰がった時でも、下がった時でも、アドレナリンがブワッと溢れ出て興奮する感じがたまらなく快感で、結果、大損したとしても「楽しかったからいいや!」と思えてしまった時期が、実は私にもありました(笑)。

 

それがまさか「ギャンブル依存症と同じ心理状態」であるとは、
気が付きもしなかったので。

 

取引経験が増えるほど、実感できるようになると思いますが、
欲が強いほど負ける(損失が大きくなるという意味)のが株式投資です。

 

あともう1円上がったら、とか。
いや、こんなものじゃない、もっと騰がる! とか。

 

意固地になって、執着して、ギリギリの瞬間を狙っている間に、
あっさり見切りをつけられる人たちが大きく利益を得て売り抜けて行き、
残された人たちがナイアガラに巻き込まれるわけですね。

 

どうしよう、売った方がいいのかな、買った方がいいのかなと、少しでも心に迷いが出たら。あるいは「あともう少し!」という感情が出てしまったら。その時は、タイミングを図るよりも強制的に手仕舞いしてしまった方が、少しでも多くの利益を手元に残せるはず。

 

より多くの利益を得るためのテクニックは、自分の感情を殺して取引が出来るようになった後、驚くほど簡単に身に付けることができるようになるので、まずは冷静……というか、「あー、はいはい、やっぱりね~」という冷めた意識で、機械的な取引が出来るようになることが先決です。

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です